子育て

家族の絆がテーマの絵本15選!年齢別に保育士がおすすめ作品を紹介します

家族がテーマの絵本でおすすめは?

誰にとっても身近な存在の『家族』

そのかたちは様々で、絵本の中でも色んな家族のかたちがあります。

今回は、家族がテーマの絵本15冊をご紹介します。

えり

保育士がおすすめ作品だけを厳選しました。

すぐに絵本が見たい方は、お子さんの年齢をクリック

ほのぼのする日常や、ジーンとする感動物語まで。

家族の絆や人の温かみに触れると、心が満たされてくるでしょう。

家族っていいなと感じられる絵本ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

家族がテーマの絵本【0歳・1歳・2歳】

0歳~2歳向けの家族の絵本を3冊ご紹介します。

家族と過ごす時間が愛おしく感じられる3冊です。

だいすき ぎゅっぎゅっ

毎日ハグしよう

おはよう!おはよう!

かおを あらって、かみを とかして、
あさごはん たべて、おちゃ のんで、

だいすき ぎゅっ ぎゅっ!

朝ご飯を食べた後に、絵本を読んだ後に、お外で遊んだ後に、そして眠る前にも。

ウサギの親子が生活の中で『ぎゅっぎゅっ』と抱きしめ合います。

眠る前にスキンシップをしながら読んでみましょう。

えり

幸せな気持ちがあふれてきます。

【だいすき ぎゅっぎゅっ】をチェックする

おかあさんといっしょ! おとうさんといっしょ!

ほっこり可愛い

色んな生き物がお父さんやお母さんと過ごしています。

動物たちの甘えている姿は見ているだけで癒されます。

えり

いもとようこさんのイラストは、温かくて優しくて小さい子におすすめ!

【おかあさんといっしょ! おとうさんといっしょ!】をチェックする

だいすきだよ おつきさまにとどくほど

いつも一緒、いつも幸せ

まいあさ いっしょにおきて おはよう うれしいな

おふろで ばしゃばしゃ いっしょに あそぶの たのしいな

アメリカで200万部のベストセラーです。

シロクマの親子がいっしょに過ごす姿が描かれた絵本です。

だいすきだよ。お月さまにとどくほど

子どもは大切な大切な宝物で、いっしょにいられることが何より幸せ。

読み終わった後は、スキンシップをとって愛情を伝えてあげるのもいいですね。

オーロラの下で過ごすシロクマの絵本、なんて素敵なんだろう。

えり

寝る前の読み聞かせにもピッタリです。

【だいすきだよ おつきさまにとどくほど】をチェックする

家族がテーマの絵本【3歳】

3歳向けの家族の絵本を6冊ご紹介します。

パパとママのたからもの

無限大の愛

とうさんぐま・かあさんぐま・3びきのこぐまが暮らしています。

3びきのこぐまたちは、同じ日に生まれました。

とうさんぐまとかあさんぐまは、毎晩寝る前に『おやすみ、せかいで いちばん かわいい こぐまたち』と言います。

ある日、こぐまたちは『誰が一番かわいいんだろう』と不思議に思い…。

子どもの悩みをしっかり受け止めてあげる、とうさんぐまとかあさんぐまの姿が印象的です。

親は子どもたちの全てをひっくるめて愛しているんですよね。

愛情表現をする大切さを感じます。

こぐまたちの疑問に対する2匹の答えがすてき。

えり

2人以上お子さんがいる方はぜひ読んでみてください。

【パパとママのたからもの】をチェックする

たまごにいちゃん

まだまだ甘えたい

たまごにいちゃんは、もうたまごから出てもいいはずなのに、たまごのからを付けたままです。

なんでかって…?

それは、お母さんに温めてもらえるから。

ところがある日、たまごのからにひびが入ってしまって…。

たまごにいちゃんの『まだまだ赤ちゃんでいたい気持ち』が伝わってきます。

そして、それを自然体で受け止めて見守るお母さん。

子どもの成長は喜ばしいことですが、その子自身のペースを大切にしてあげよう。

そんなメッセージが伝わってきます。

あせらず子どもの成長を見守ってあげたい。

えり

小さな一歩を踏み出そうとするたまごにいちゃんの姿がけなげです。

【たまごにいちゃん】をチェックする

合わせて読みたいシリーズ絵本

同じシリーズをもっと探すあきやま ただしさんの作品

あやちゃんのうまれたひ

みんなで待っているよ

あやちゃんはもうすぐ6歳のお誕生日です。

そんなあやちゃんに、お母さんはあやちゃんが生まれてた時のことを話し始めました…。

赤ちゃんは奇跡の存在、そして周りの皆に愛されている存在だということが描かれています。

生まれる前から愛している

そんなメッセージを添えて子どもに読んであげてください。

えり

実際にお子さんが生まれた時のことを話してあげるのもいいでしょう。

【あやちゃんのうまれたひ】をチェックする

せんたくかあちゃん

豪快な洗濯っぷりです

かあちゃんは洗濯するのが大好き!

「きょうもいいてんきだねぇ。」

そう言って、家じゅうのズボン・チョッキ・靴下・パンツ・シーツ・枕カバー

みんなあっという間にたらいに放り込んでしまいます。

洗うものが無くなったせんたくかあちゃん、なんとネコや犬やニワトリ達まで洗い始め…!?

昔なつかしい肝っ玉な洗濯かあちゃんは、パワフルでとにかく元気!

ストーリーもユニークでおもしろく、元気になれる1冊です。

かあちゃんが豪快で、見ていて気持ちいい!

【せんたくかあちゃん】をチェックする

14ひきのぴくにっく

幸せってこういうこと

いわむらかずおさんの代表作「14ひきシリーズ」の1冊。

家族みんなでピクニック!
もちろんお弁当も持って♪

ネズミの一家が野原でたくさんの春を見つけます。

1ページ1ページがとにかく丁寧に描かれていて、絵画のような美しさなんです。

ずーっと見続けていたいくらい心を惹きつけるイラスト✨

えり

家族の幸せな日常が描かれた作品です。

【14ひきのぴくにっく】をチェックする

持ち運びに便利なポケット版もあります↓

もっと探す「14ひきシリーズ」

ピヨピヨ スーパーマーケット

いっしょにお買い物

スーパーマーケットでお買い物、今日は何を買おうかな?

ママは知り合いにあって立ち話をしたり、タイムセールに参戦したり。

一方でピヨピヨたちは、ママが見ていないすきにかくれんぼをしたり、買い物かごに好きなものを入れたり。

そんなお買い物であるあるの光景が、可愛いイラストで描かれています。

見どころは、細かくてリアルなスーパーの風景!

文字数が少なくて読みやすいのもおすすめポイントです。

可愛いピヨピヨたちに癒されるよ。

えり

いつのまにか子どもがカゴに入れているって、買い物あるあるですね(笑)

【ピヨピヨ スーパーマーケット】をチェックする

合わせて読みたい

もっと探す工藤ノリコさんの絵本

家族がテーマの絵本【4歳】

4歳向けの家族の絵本を4冊ご紹介します。

産まれたときからずっと一緒。

そんな家族の存在ってとても大きい。

あらためて家族に感謝したくなるような絵本たちです。

ぎゅうぎゅうかぞく

ぎゅうぎゅうで楽しそう!

遊びに誘うため、ぼくはとしお君の家に行きます。

そこで、としお君のお母さんが

「ちょっと まっててね」そう声をかけてくれました。

お店の前ではとしお君のおじいちゃんとおにいちゃんが

「いらっしゃいませ」と大きな声を出していました。

タイトルの『ぎゅうぎゅうかぞく』と言う通り、としおくんのお家は大家族です。

そんなにぎやかで楽しいお家を、主人公のぼくの目線から紹介しています。

大家族って、いいな、楽しそうだなぁ。

そんな風に感じる、家族の温かさがテーマの絵本です。

えり

としお君のお家は、昭和の大家族ってイメージです。

【ぎゅうぎゅうかぞく】をチェックする

ちょっとだけ

ママやパパにも読んで欲しい

なっちゃんのお家に赤ちゃんがやってきました。

なっちゃんはお姉ちゃんになったのです。

お買い物に行くとき、ママは赤ちゃんを抱っこしているので、手をつなげません。

なっちゃんは、ママのスカートを『ちょっとだけ』つかんで歩きました。

のどが渇いたとき、赤ちゃんが泣きだしたのでママに牛乳をついでもらえません。

なっちゃんは、初めて牛乳をコップに『ちょっとだけ』入れられました。

お姉ちゃんになったなっちゃんは、自分のことを『ちょっとだけ』出来るようになっていきます。

上の子の気持ちが優しいイラストで描かれている感動的な作品です。

家族が増えた時、日々の生活に忙しくて余裕がないとき…

そっとこの絵本を開いてみると、胸に温かいものが残ってしあわせを感じられます。

えり

赤ちゃんのお世話に忙しいママを気遣う姿が、健気でいじらしい。

【ちょっとだけ】をチェックする

おかあさんがおかあさんになった日

生まれたときのこと

出産予定日が過ぎているのに、なかなか生まれてこない赤ちゃん。

お母さんは入院することになりました。

お医者さんに『あかちゃんはげんきです。…すこし うんどうしなさい』

そういわれたので、お母さんは病院の中を散歩します。

それでも生まれてこない赤ちゃんに、お母さんは心配になって…。

出産は人それぞれ。

不安とドキドキと赤ちゃんに会えるのが楽しみな気持ちと。

そんなたくさんの思いを抱えながら、お母さんは命がけの出産に臨みます。

子どもにあなたはこんな風に生まれてきたんだよ、と話してあげよう。

えり

出産前のママにもおすすめな1冊です。

【おかあさんがおかあさんになった日】をチェックする

お父さんバージョンもあります

おへそのあな

おへその穴から見える世界

お母さんのお腹の中にいる小さな赤ちゃん。

赤ちゃんは、おへその穴から家族を見ています。

お腹の赤ちゃんがお母さんのおへその穴から外の様子をのぞいているという、新しい視点の絵本。

えり

実際にうちの子もおへその穴からみていたのかなぁ、なんて想像すると楽しいです。

命の尊さや出産の喜びをお子さんに伝えられるよ。

【おへそのあな】をチェックする

家族がテーマの絵本【5歳・6歳】

5歳・6歳向けの家族の絵本を2冊ご紹介します。

家族を大切にする気持ちに溢れた2冊です。

きょうはなんのひ?

ワクワクと感動

朝、まみこは玄関を出るときお母さんに言います。

おかあさん、きょうは なんのひだか、知ってるの?
しーらないの、しらないの、
しらなきゃ かいだん 三だんめ

そう歌って、学校へ行ってしまいます。

そんな謎めいた言葉を残していったまみこ。

お母さんは言われた通りに階段の三段目をみてみると、

そこには赤いひもをむすんだ手紙がありました。

手紙には『ケーキのはこをごらんなさい』と書いてあり…。

まみこの可愛いいたずらはどういうことなのでしょう?

続きが気になってどんどん読み進めてしまいます。

心にあたたかいものが残って心地よく感じられる…

いつまでもとっておきたい、とびきり素敵な家族の絵本です。

大好き!!

えり

幸せな気持ちになれます。

【きょうはなんのひ?】をチェックする

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん

ずーっとつながっています

おじいちゃんのおじいちゃんは、どんなひと?

5歳の男の子がおじいちゃんに聞きました。

おじいちゃんのお父さんは、つまり『ぼく』のひいおじいちゃん。

おじいちゃんは『ひいおじいちゃん』と『ひいひいおじいちゃん』について教えてくれます。

ねぇ、ひいひいおじいちゃんのお父さんはどんな人?

昭和、対象、明治、江戸
どんどん時代は遡っていって…。

命は続いているんだなぁ、不思議だなぁ。

えり

『ひいひいひい…』って大人は読むのが大変かもしれないです(笑)

でも子どもは大爆笑!

【おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん】をチェックする

家族の絵本で、子どもへ愛情を伝えよう!

家族の絵本15冊をご紹介しました。

色んな家族の形があるんだなぁ。

子どもにとって家族は一番身近な存在です。

絵本を通して、家族の存在の大切さや、親の愛情・そして絆を感じることができるでしょう。

家族が大好き

そんな気持ちを強くしてくれる愛に溢れた家族の絵本、ぜひ読んで見てください。

えり

親子の絆をもっと強くしてくれます。

amazon絵本ランキングを見る
楽天絵本ランキングを見る

子どもの『自己肯定感』をアップさせてくれる絵本をご紹介します

自己肯定感を育てる絵本14選【1歳から小学生まで】もっと自分が好きになる子どもの自己肯定感を高める絵本14冊をピックアップしました。テーマ別におすすめ絵本をご紹介しているので、気になる1冊が必ず見つかります。子どもにとって超重要とされている自己肯定感。『自己肯定感ってなに?』『なんで自己肯定感を高める必要があるの?』こんな疑問にも保育士がわかりやすくお伝えします。子どもの幸せな未来に欠かせない『自己肯定感』を、ぜひ絵本で高めていきましょう!...

友だちを大切に出来る子になってほしい』…そんな時におすすめな絵本をピックアップしました

【おすすめ17選】友達を大切にする絵本特集!0歳~小学生までの年齢別リスト付き【特集】友達との関わりを学ぶ絵本18冊を紹介します。保育のプロが子どもに読み聞かせたい絵本を厳選しました!年齢別に紹介しているので、お子さまにぴったりな1冊が見つかります。「友達との関わり方を伝えたい」「友達を大切に出来る子になってほしい」…こんな思いがある方は、『友達がテーマの絵本』がおすすめです!...

30日間無料キャンペーン中

・30日間無料で体験ができ、1コインが付与される

・1コインで本1冊と交換

実質1冊無料で貰える

・解約しても無料でゲットした本はずっと聴き続けられる

\ 1冊無料で試せる /
30日間無料体験を始める解約しても本はあなたのもの